介護用ベッドの中古品を買うときにチェックするポイント

購入する時に注意して見るべきポイントについて

ベッドの高さに注意する理由について

必ず、中古の介護用ベッドを購入する時には、直接ベッドに付いている機能を見て触って確かめるか、ネットでの購入を考えているのであれば、説明書きの所をよく見てどのような機能が付いているのかをきちんと確かめるようにする事が大切です。 理由は、人の力では無理な事もあるので機械の力が必要になるからです。

どんな機能が付いているのかを確かめよう

介護ベッドの高さと言うのはベッドを扱う会社によってそれぞれ違いがあります。
その為、中古の介護ベッドを購入する事を考えているのであれば、必ずベッドの高さはどの位まで高く出来るのか、低く出来るのかを確認してから購入する事が良いと思います。
例えば、何も見ないで購入した場合、部屋に合わなかったなんて事もありますし、利用する人の身長に合っていなくて怪我をしたりしてしまう事もあるからです。

なので、一番良いのは直接ベッドに寝て見てどのように見えるのかを介護する側が体験して見るのが一番安心して購入出来る方法ではないかと思います。
また、これから介護をする人がいる場合でも必ず確認するようにしましょう。
高さの確認は介護する側にとっても介護される側にとってもとても重要なポイントになっている気がします。

介護する側にとっても高さが丁度良いと自分の体への負担が軽くなりますし、腰を傷める心配もありません。
車椅子に乗る時でも高さが丁度良ければスムーズに乗り降りが可能になりますし、介護されなくても自分一人の力でベッドに戻ったり立ち上がる事も出来るかもしれません。
何かあった場合でも自動的に高さが調節出来るのであれば、転落や大きな怪我の防止にもなりますし、何回も買い替える必要もないので経済的負担も少なくて済みます。
介護ベッドの問題と言うのは、今では高齢化社会になりつつある日本においてとても重要な問題でもありこの先も様々な形で問われる事になると思います。

どこに手すりが付いているかも確認しましょう

介護ベッドのどの部分に手すりが付いているのか確認する事も重要なポイントになると思います。 何故、確認が必要なのかと言うのも介護される側にとって手すりと言うのは体を支える為にとても大切な物で、怪我や転落防止に繋がる為、自分の身を守る為の安全対策でもあるからです。

ベッドに使用されている素材について

介護ベッドに使用されている素材の多くは、プラスチック製や木材になると思うのですが、選ぶのであれば木材で作られている介護ベッドを購入するようにしましょう。 その理由についてですが、木材の方が長持ちしますし、体への負担が軽い事や、良い眠りにつく事も出来るからです。

TOPへもどる